消耗品のチェック

愛車の日常点検その2で紹介した、運転席に座っての点検はどうでしたか?
前回も書いたように女性には難しい点もあるかと思いますが・・・

大切な相棒のために、ちょっとだけ頑張ってみましょう?
さて、今回はは、消耗品のチェックについてお知らせしようと思います。

車の部品は、エンジンをかけているその瞬間もオイル・ベルトが劣化や摩耗します。
また、普通の走行でもタイヤ・ブレーキの部品も摩耗・損傷していきます。

また、走行をしていなくても時間がたつことで劣化したり、温度変化などにも影響を受けてしまいます。
これも、大変とは思いますが、こまめに点検をして、愛車の健康管理に気を気張りたいものですね。

1、ベルトのチェックをしてみよう!

エンジンルームには、オルタネートと呼ばれる発電機や冷却ファンなどを回す、
いろいろなベルトがあります。素人でも知っているのがファンベルトでしょうか? 

ゴムで出来ているので、伸び・ひび割れ・傷などがあると、
自然な回転をしなくなるので、もし、気づいたら、すぐ縫交換しましょう。

走行中にキュンキュンなんて音がするときにはファンベルトの交換時かもしれませんネ。

2、エンジン冷却水(LCC)をチェックしてみよう! 

エンジンを冷却するLLC(ロングライフクーラント)は、走行しているうちに
性能が低下したりするので、定期的に交換するとよいでしょう。

そのままで放っておくと、エンジンのオーバーヒートで
大慌てなんてことになるかもしれませんよ!

3、オイルフィルタをチェックしてみよう!

オイルエレメントといった方がわかりやすいかもしれませんが・・・
エンジンに有害な異物・汚れを入れないようにろ過する役目があります。

エンジンオイルの汚れをチェックして、まめにオイル交換をしても、
ろ過をするオイルフィルタを変えなくては、意味がありませんよ!

4、エアクリーナエレメントのチェックをしてみよう!

エア・クリーナはエンジンに吸い込まれる空気をろ過するものですが、
特に4WD車・RV車など、砂地を走行したり、ホコリがたつ悪路を走ることが多いので、
それに伴って、汚れもひどくなるので、乗用車よりは交換時期が早くなるようですよ!

5、ブレーキ液をチェックしてみよう!

ブレーキ液は、使っているうちに空気中の水分が含まれてきます。
水分を含んでしまったブレーキ液は、性能が低下するので定期的に交換しましょう!

6、エンジンオイルをチェックしてみよう!

エンジンオイルの点検方法は、愛車の日常点検その1の
エンジンルームの点検の中にあるので、もう一度読んでみてくださいね!

7、ブレーキパッド・ブレーキライニングをチェックしてみよう!

ブレーキパッド・ブレーキライニングの減りは、
自分でチェックするのは難しいので、プロに任せた方が良いですね。

ただ、ブレーキペダルを踏んだ時に異常があったり、走行中に異音がした時は、
すぐに点検・整備が必要ですよ!

実際に消耗品の交換については、走行距離によって変わると思うので、
一度、目安を確認しておきましょうネ! 
そうしておけば、愛車の状況が確認しやすくなると思います。

次回、愛車の日常点検その4は、
愛車にいつまでも元気に走ってもらうための秘訣を紹介しますので、お楽しみに(^^♪

オートバックスならカー用品が激安(^^)v相談にも乗ってくれてウレシイ(*^_^*)
カー用品のネットショッピング
イーウェル様用