あおり運転

いつも“三菱パジェロミニ☆中古車大好きブログ”を、ご覧いただいているみなさまは、いかがお過ごしでしょうか? みなさんの中には、いらっしゃらないとは思いますが、、、ここ数年「あおり運転」という言葉を聞くことが多くなっています。

みなさんは、運転中にほかのクルマから、車間距離を詰められて、もっと速く走るよう挑発された」「車体を近づけられ幅寄せされた」「執ようにハイビームでパッシングをされた」「執ようにクラクションを鳴らされた」「後ろから追い越された後に前方で急停止して、進路をふさがれた」というような経験をした事がありませんか?

警察庁が実施した「あおり運転」についてのアンケートでは、回答した運転者の35%、つまり3人に1人が過去1年に「あおり運転」の被害経験があるとのことです。

そのうち約77%が一般道路、約23%が高速道路で、「後方からの著しい接近」が8割超となっています。 ここ数年では、「あおり運転」を受けた車が、高速道路上で停止させられ、後ろから来た車に追突されて、、、

事故

乗車していた人が亡くなるという悲しい事故も起きていますが、これまで道路交通法には「あおり運転」自体を取り締まる規定がなかったことで、車間距離不保持・ブレーキ禁止違反・刑法の暴行罪などが適用されてきていたのですが、令和2年6月に道路交通法の改正で「あおり運転」を取り締まる「妨害運転罪」ができました。

「あおり運転」として取締りの対象となるのは次の10項目です。 
①車間距離を極端に詰める(車間距離不保持)
②急な進路変更を行う(進路変更禁止違反)
③急ブレーキをかける(急ブレーキ禁止違反)
④危険な追い越し(追越しの方法違反)
⑤対向車線にはみ出す(通行区分違反)
⑥執ようなクラクション(警音器使用制限違反)
⑦執ようなパッシング(減光等義務違反)
⑧幅寄せや蛇行運転(安全運転義務違反)
⑨高速道路での低速走行(最低速度違反)
⑩高速道路での駐停車(高速自動車国道等駐停車違反)

違反による罰則は、「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」が科せられます。基礎点数は酒気帯びと同じ25点です。また、高速道路上で相手車両を停車させるなど、著しい危険を生じさせた場合は、「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」が科せられます。

基礎点数は35点で、酒酔い運転と同じです。これらに違反すると事故を起こさなくても免許を取り消されることとなります。 この「妨害運転罪」は令和2年6月30日施行されましたので、もしも自分の運転で思い当たる方は、ゆったりした気持ちで運転をしていただきたいと思います。

また、この「妨害運転罪」10項目のうち、ハイビームの継続と高速道路上の行為(2項目)を除く7項目が自動車だけでなく自転車にも適用されます。

今月に入ってからも、自転車の無謀な運転のニュースが報道されていましたが、今後は、自転車だからと許されることはなく、交通の危険を生じさせる恐れがあれば該当する可能性があります。

自動車も自転車も運転の仕方によっては、凶器にもなってしまう事をいつも心に止めて運転をしていただきたいと思います。 政府広報オンラインを参照していますので、詳しい内容については、『政府広報オンラインのトップページ→暮らしに役立つ情報→一発で免許取消し!「あおり運転」が厳罰化!』で検索してくださいネ(^^♪