看護師

5月14日に国の緊急事態宣言が解除されていた39県に続き、5月21日には、大阪・京都・兵庫の3府県の緊急事態宣言が解除されました。 残るのは、東京・神奈川・千葉・埼玉・北海道の5都道県だけとなっていましたが、国は5月25日に緊急事態宣の解除を発表しました。

緊急事態宣言の解除の基準となっていた、10万人当たりの感染者数が0.5人程度以下でしたが、神奈川・北海道・東京は、この数値のクリアできていませんでした。

4月7日に緊急事態宣言が出されてからこれで、約1か月半ぶりに全国で解除されたことになりますが、私としては、基準がクリアできていない状態での解除は、やはり不安です。特に私が暮らす北海道では、雪まつり以降に多くの感染者が出た、第1波に続き、4月以降の第2波ともいえる、感染者の増加を経験している身としては、怖いです。

雪像 ネズミ

さらに自粛期間は地下鉄やバスなどの公共交通機関が空いていたので、それほど気にならなかったのですが、朝の通勤時間などは「密」が怖いです。

数日前のフジテレビの“めざましテレビ”(5月25日)で、新型コロナウィルスの影響で、「STAY HOME」をエンジョイするためにいろいろなサブスクリプションサービスの利用者が増えていることを紹介していました。

サブスクリプションサービとは、定額料金を払い、一定期間、製品やサービスを利用することで略して「サブスク」と言われています。

家具レンタルでは、お値段約23万円の高級ソファが月額1万2000円で楽しめるというのを紹介されていましたが、テーブル・イス・照明・インテリアグッズが300点以上提供されているそうです。

利用者数は1月から毎月20%ほど増加していて、やはり新型コロナウィルスの影響が大きいようです。 外出自粛で美容院に行けない人に人気なのは、髪質やイメージに合った髪を染めるカラーリング剤が定期的に届くヘアーカラーサブスクです。 カラーリング剤とトリートメントが税抜き・送料込3980円で定期的に届くというものです。

頻度は2・4・6・8週から選べて、オンラインで無料のカウンセリングを受けて、自分の髪の長さや太さ、なりたい髪色を選択すると、登録された情報から髪質に合ったカラーリング剤が作り出されるのですが、組み合わせはなんと1万通り以上とか?

また、20種類以上のカラーベースや髪を染めやすくするカラーデベロッパー、塗り時間、置き時間、トリートメントの種類をそれぞれで掛け合わせ、その人にベストな色を選んでいるというすぐれものです。

クロスビー

その他、食材などのサブスクの利用者も増えているそうです。 先ほど、公共交通機関の「密」が怖いと言いましたが、中古車の買取台数・販売台数No.1で多くのユーザーから支持されているガリバーでも、クルマのサブスクのNOREL(ノレル)をやってるので、この機会に利用してみてはいかがでしょうか? 詳しくは、ガリバーからチェックしてみてくださいネ♪