ススキノ氷祭り

雪が少ないと言われていた、今年の札幌ですが、あっという間の大雪で、気がつけば例年並みの積雪に・・・ 雪不足で心配されていたさっぽろ雪まつりも、今年は雪像が融けることもなく、ここ数年では、雪まつりらしい雪まつりだったような気がします。

また、2月9日(日)には、上空に流れ込んだ非常に強い寒気の影響で強い冷え込みになりました。 札幌市でも、午前3時52分には、-14.9℃まで下がって、2001年1月に観測した-15.0℃以来の強い冷え込みになっています。

私の妻も出勤でしたが、厚手のセーターの中には極暖のシャツ・パンツの下にはレギンスとガッツリ着こんでいったのにも関わらず、「寒い~!!」と、休憩時間に電話が来ました。

雪像

雪まつりが終わった、2月12日(水)には、最高気温が9℃の予報なので、中道では、大雪のあとのグシャグシャ道路で、スタッグしてしまうクルマも多いかもしれませんが・・・

そんな時には、JAFへSOS!!! JAFはドライバーにとって最強のオタスケマンです!(^^)!“三菱パジェロミニ中古車大好きブログ”を、ご覧になっているみなさまは、JAFがどんな団体かご存知でしょうか?

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)は、ロードサービス、各種啓蒙活動 、モータースポーツ主催等の事業に関する情報を公開して、健全な車社会の発展に貢献している団体です。

JAFでは、年中無休・24時間・全国ネットで対応してくれていて、クルマのトラブルで一番多い「バッテリー上がり」「キー閉じこみ」など、ほとんどの場合の料金は無料になっています。

でも、それなら、自動車保険のロードサービスで十分だと思う方も多いと思いますが、保険は「クルマ」にかけるものなので、ロードサービスが適用になるのは、保険契約車だけ、、、

そう、保険は「クルマ」にかけるものなんです。 JAFは、「人」にかかるものなので、保険契約車以外(マイカー以外)でのトラブルでもロードサービスが適用になります。

つまり、レンタカーや会社の車、友人など、保険契約車以外(マイカー以外)でのクルマのトラブルでもロードサービスが適用されます。また、運転していなくても同乗しているだけでも使えるし、クルマだけでなく、バイクや原付でも使えるんです。

私が、JAFを最強のオタスケマンというのは、この点なんです。また、保険会社付帯のロードサービスは会社によって違いますが、利用回数に制限がありますが、JAFのロードサービス、作業内容によって有料になる場合がありますが、原則無料なので安心です。

JAFのロードサービスは、技術、接客、規律、安全対策など、研修を積み、一定のサービス品質をクリアした制服隊員が来てくれるので、なんとなく安心ですね!

このサービス品質は、50年以上にもおよぶ事業実績で培われたノウハウの結晶と言えると思います。 「でも、こんな高度なロードサービスを受けることができるのなら、JAFの会費は、メッチャ高いはず!」

そう思う方も多いと思いますが、 実際には、JAFに入るのには、入会金が2,000円で年会費が4,000円(年払い)なんです。 さらに、JAFでは「安心&充実のロードサービス」以外に、全国40,000ヶ所以上の施設で 「お得な会員優待サービス」を受ける事が出来るんです♪

我が家では、PCのセキュリティソフトの優待では、年会4,000円との差額が355円で、その他にレストラン・観光施設・アミューズメントその他多くの割引があるので、年会費はあっという間にクリアしています。

安心・安全のロードサービス+お得な優待が付いているのなら、迷わずにJAFに入会するしかないのでは・・・♪ JAFについての詳しい内容はコチラからチェックしてください(^_-)-☆