車 雪に埋まる

今週末も春の嵐に警戒してくださいという天気予報が出ています。 先週は5年前ほど多くの死亡者は出ませんでしたが、猛吹雪で身動きが取れなくなったクルマからのSOSに対応したロードサービスの従業員の男性が、亡くなったという悲しい出来事がありました。

今週は、猛吹雪ではなく、一転して大雨による融雪や雪崩に警戒が必要なようです。 クルマでお出かけの予定がある方は、充分に気をつけて、無理をしないようにしたいものですネ!!!

さて、今週もクルマの運転をめぐるトラブルで高齢の男性が逮捕されてというニュースが出ていましたが、最近はあおり運転などの危険行為が多いようです(>_<) そんな時には、相手が近づいて来ても、ドアをロックして外に出ないことが一番の対策です。

ドライブレコーダー

でも、多発している“逆上型交通トラブル”対策として、有益なの方法として、ドライブレコーダーを設置している方も多いようです。 以前はドライブレコーダーを設置しているのは、タクシー・運送関係のクルマが多かったようですが、昨年東名高速の下り車線で起こった追突死傷事故で、クルマの進路を妨害して停止させた容疑者が、逮捕されて以降、ドライブレコーダーを設置する方が増えたとニュースでも報じされていました。

ただ、実際にドライブレコーダーを設置するとしても、どの様な機種を選べば良いのかが、なかなか分からないと思います。 いま、カー用品のオートバックスでは「安心・楽しい! ドライブを応援!!」ということで、ドライブレコーダーコミコミセットを販売しています。(ドライブレコーダー本体+ソケット(ケーブル)+配線裏取り作業工賃+税) オートバックスでは、ドライブレコーダーを選ぶポイントを次のように説明しています。

ポイントその1➞200万画素程度の高画質・・・
FULL HDモデルなら標識やナンバープレートなどバッチリ録画が可能

ポイントその2➞駐車録画機能・・・
運転中だけでなく駐車中も監視(録画)できる機能

ポイントその3➞画像補正機能(WDR/HDR)・・・
カメラは急激な明るさの変化に弱い特性があります。 それを補いバランスのとれた録画を実現します。

ポイントその4➞安全運転支援機能・・・
事故を未然に防ぐ機能。 運転中の危険をドライバーにお知らせしてくれる。

新車購入時にオプションで取付をしないと配線が外に出て、見た目が悪いと心配する方も多いと思いますが、オートバックスのドライブレコーダーコミコミセットでは、シガーソケット背面から裏取り配線をするので、配線が見えないように設置されて綺麗で、すっきりです♪

一番気になる金額は機能によって違いますが、ピンは、YupiteruのDRY-ST1500Cの15,406円~キリは、KENWOODのDRV-630の37,258円です。 詳しい機能はオートバックスから確認してくださいネ! 春になるとドライブに出かけることも多くなると思いますが、ドライブレコーダーを設置して安心・安全なドライブを楽しみたいものです(^_-)-☆