アクセル

8月も残すところ後1日になりましたネ!!! 私が暮らす札幌も朝晩はめっきり寒くなってきましたが、これからはクルマでのお出かけにサイコーの季節だと思いますが、運転中についウッカリ、ブレーキとアクセルを踏み間違えて、ヒヤッとした経験がある方はいらっしゃいませんか?

オートバックスには急発進防止装置としてペダルの見張り番”を販売しています。 最近は、高齢者、または運転に不慣れな方による、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が相次いで発生しているようです(・・;)

アクセルとブレーキとの踏み間違い事故の多くの原因が次にあげてみますが、、、

1、慌ててパニックになってしまい判断をあやまってしまった
2、乗り慣れないクルマに乗っていた
3、集中力がかけていた・ぼんやりしていた
4、運転中に注意をそらすような出来事が起きた

私もアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故のニュースをよく目にしますが、とっさの場合、自分自身にも起こりうるのではないかと思います。

事故

その件数は年間で6,000件(平成20年~25年の場合)とも言われています。 物損事故で済めばよいのですが、場合によっては死亡事故にもつながっているようです。

ただよく言われている高齢だけが問題ではなく、慌てること・パニックに陥る事が、アクセルとブレーキの踏み間違い事故の全体の41%にあたるそうです。

更に高齢が11%なので、なにか対策を考えないと、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故はこれからも増加して行くのではないでしょうか? 誤発進予防の機能は、各自動車メーカーで名前こそ違いますが、開発されて新車には既に搭載されているクルマもあるようですが・・・

ベンツ

しかし、安全のためとはいえ、新車に買い替えるというのは、経済的にも、非常に難しいことになると思います。 オートバックスのカー用品通販では、敬老の日のギフトとして、急発進防止装置として、話題の商品“ペダルの見張り番”を販売しています。

“ペダルの見張り番”の特徴は次の4点 です。

その1・・・発進時などにブレーキとアクセルを踏み間違えアクセルを強く踏み込んでも車が急発進しません。
その2・・・後退時の踏み間違えによる急発進も抑制します。
その3・・・軽自動車からミニバンまで、100 車種以上に幅広く対応しています。
その4・・・1年間の交通事故傷害保険が付帯されます。

また、“ペダルの見張り番”には、事故を防ぐ2つの機能があります。

オーバーアクセルキャンセラー(OAC)→アクセル制御・・・
ブレーキペダルを踏もうとして、誤ってアクセルペダルを強く踏み込んでしまった際に、車両側の車速・ブレーキ信号を検知し、アクセル速度(アクセルペダルを踏み込んだ量)を電気的に制御して、誤発進を防止します。 なお、制御レベルは3段階で設定可能です。

ブレーキオーバーライドシステム(BOS)→ブレーキ優先・・・
アクセルペダルとブレーキペダルが同時に踏まれた場合に、ブレーキ動作が優先される機能です。

つまり、アクセルが急激に踏み込まれた場合、“ペダルの見張り番”のセンサーが異常を検知して、車の急発進を抑制して、車は急発進しないということになります。

ポルシェ

免許を取ったばかりの方へ、おじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントに、オートバックスでの販売価格は、“ペダルの見張り番”+取付工賃+税で43,198円です。

また、より安全なドライブのために“ペダルの見張り番”+ドライブレコーダー(KENWOOD DVR‐320)+取付工賃+税がセットになったセットが60,206円です。(このセットは通常購入より5,492円お得!) なお、“ペダルの見張り番”の詳しい内容については、品揃え豊富!取付も安心!オートバックスのネット通販サイトからチェックしてくださいネ(^_-)-☆