札幌モーターショー2018

新年を迎えて、ほぼ3週間が過ぎましたが、お正月気分は抜けましたか? 私の暮らす札幌では、今年は雪が少ないので、お出かけするのは楽で良いのですが、季節外れの雨が降ったりして、雨の翌朝には、凍った路面にスッテンコロリンと転ばない様に悪戦苦闘をしています(>_<)

東京に住んでいる方は、雪が降ると転倒で救急搬送されるというニュースを見ることがありますが、多分東京の方よりは、凍った路面の歩き方は慣れているとは思うのですが、年齢による体幹の衰えで、危うく転びそうになる事があるのは大変情けなく思えますネ(笑)

札幌モーターショー会場

安心して歩けるようになる4月まで、転んで骨折しないで過ごしたいと思います(^^)v さて、話は変わりますが、昨年からお知らせしていましたが、モーターファンにとって、2年に1度のお楽しみの“札幌モーターショー”が、1月19日から、札幌市豊平区羊ケ丘の札幌ドームで開催されました。

今回で4回目になる“札幌モーターショー”ですが、私は2回目の“札幌モーターショー2014”から、ここ数年ペーパードライバーですが、本当はクルマの運転が大好きな妻と2人で、見に行っています♪

レースカー

土日は大変混むようなので、今までは、初日の金曜日に開場の10時頃行っていましたが、地下鉄福住駅から会場の札幌ドームまでの道は雪道で歩きずらい上に、たくさんの人がいるので、今回は午後1で行ってみることにしました。

地下鉄もそこそこすいていたし、歩いている人も例年より歩きずらいほど多く無かったので、今回の選択は大正解だったと思います(^^)v “札幌モーターショー2018”のテーマが「あなたを あしたへ つれていく。」で、国内外の四輪・二輪の27社38ブランドの計189台が展示されています。

キャンバス

今回もダイハツのブースには、今回も札幌ドームとコラボした「初音ミクXムーヴ キャンバス」が展示されています、ムーヴ キャンバスは、女優の高畑充希が、ちょっと情けない男性をゲストにムーヴ キャンバスの良さと比較してフってしまうというもので現在はロッチ中岡を相手に第7弾が放送されています。

その初音ミクとコラボしたムーヴ キャンバスは2月に販売予定ですが、第2弾の「初音ミクXCAST ACTIVA」より、雪ミクの可愛いイメージが、さらにアップされているので、若い女性が乗るのにはいいかも♪ その他に、気になったクルマは、12月に発売されたスズキの小型クロスオーバーSUV XBEE(クロスビー)ですネ♪

クロスビー

スズキの軽自動車の人気車種ハスラーの小型車版というイメージだったのですが、実際に見た感じでは、居住性も良さげで、「妻と2人で旅行するには良いなぁ!」と大変興味をお持ちました。

もともと、妻はハスラーファンだったので、やはりペーパードライバーながら心に響いたようです(笑) 今回の“札幌モーターショー2018”について、実際に3回見に行った感想なんですが、なんか、クルマの展示会のような感じがしました。

スズキ ハスラー

以前は近未来のクルマといえる参考展示のクルマが各社とも展示されていたと思うのですが、実際にEVが主流になった昨今では、ワクワクするような近未来感があるクルマが無かったような気がします(>_<)

これは、私だけが感じた事なのでしょうか? モーターファンとしては、今後のモーターショーが、ワクワク出来る特別なイベントになる事を期待しています(^_-)-☆

コンパニオン コンパニオン
コンパニオン コンパニオン
コンパニオン コンパニオン
コンパニオン コンパニオン
カー カー

 

あなたの愛車がびっくり万円!