車を購入するとき、税金は切っても切り離せない存在です。
車の税金については最低限知っておくべき4つの自動車に掛かる税金があります。
いま、注目されている税金が消費税です。税金には以下の4つがあります。

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

1.消費税
2.自動車税
3.自動車取得税
4.自動車重量税

◆消費税は来年4月より5%から8%に決定されましたので、車を購入しようと思っている方は3%UPになるので早めの購入を検討されるといいでしょう。たかが3%されど3%になるかも?しれません。

されど・・と書いたのは車本体だけではなく付属品、いろんな物をオプションで取り付けると、それにも3%の消費税がかかり全体の価格が上がれば上がるほど3%の重みを感じることになるでしょう。

◆自動車税は1年に一度支払う税金で毎年4月1日時点で車を持っている所有者に掛かる税金です。途中の月で車を購入した時は月割りで自動車税を納める事になります。軽を除き、排気量で税金が決まっています。ご自身の必要なクラスを購入されると宜しいでしょう。

◆自動車取得税は購入金額に掛かる税金で普通車には5%軽自動車には3%掛かります。エコカー、ハイブリッド車、電気自動車などは税率が優遇されていますので、こちらの車を購入を考えている方は税金が優遇されてとってもお得です。もちろん税金対策にもなります。

◆自動車重量税は国税です。自動車の重量に応じて課税されます。新車購入時や車検の時に支払います。軽自動車は2年1台8000円、3年1台1万3200円です。車検が残っている場合は途中で支払うことはありません。

消費税は来年4月に8%になります。翌年は2%UPして10%になると思います。翌年分は決定していませんが、これは99%は決まると言ってよいでしょう。いまから、シッカリとした節税を考えて購入いたしましょう。

自動車取得税の廃止が検討されていますが、まず、消費税が8%になったら取得税を2%に消費税が10%になったら取得税を廃止という案が出ています。まだ決定ではありませんが・・・

廃止が決定したとしても実質は増税になるのです。消費税は全額に掛かり取得税は本体価格の90%に掛かるのです。これで実質増税の意味が分かってもらえると思います。

これから、新車をお得に購入する方法や新車と中古車の比較などについて提案して行こうと思っているので、どうか、お楽しみに♪

自動車税

排気量 納税額
1000cc以下 2万9500円
1000cc超~1500cc以下 3万4500円
1500cc超~2000cc以下 3万9500円
2000cc超~2500cc以下 4万5000円
2500cc超~3000cc以下 4万8000円
3000cc超~3500cc以下 5万1000円
3500cc超~4000cc以下 6万6500円
4000cc超~4500cc以下 7万6500円

 

軽自動車 7200

 

下取り10万や20万違うことも!
221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム