スタットレス

スタッドレスタイヤの重要性に特化した冬になるような感じですね。温暖化が年々上昇していると、いいようで悪いのかも知れませんネ!なぜなら、、、ブラックアイスバーンが多くなる?という事でしょうか?

温暖化、ブラックアイスバーン、温暖化、ブラックアイスバーン、温暖化、ブラックアイスバーン、こんな感じで毎年、危険がいっぱいな冬になるのではないか?毎日の様に事故が多発しています。

チェーン

一見してブラックアイスバーンは判別が分からない場合があります。ピカピカ光っているのなら分かるのですが、何かの影響で分からない場合が怖いのです。大きな事故につながりますネ!注意していただきたいと思っています。

そこで重要になってくるのがタイヤです。スタッドレスタイヤの十分な性能能力が維持されたタイヤなのか?ここの部分が重要になってきます。

新品のスタッドレスタイヤに交換されるユーザーでしたら心配はいりませんが、昨年も履いていたユーザーはスタッドレスタイヤの性能点検は必要でしょう。

軽く考えてはいないとは思いますが、私もスタッドレスタイヤの性能点検を怠っていた一人です。今年はスタッドレスタイヤの性能点検をしました。

クルマ

今年の冬道に対応できないスタッドレスタイヤなら、新品のスタッドレスタイヤの購入を考えていましたが、幸い、、、クリアしました。タイヤの肉厚、油分など大丈夫とディーラーからお墨付きをいただきました。

来年はどうでしょうか?分かりません。是非、2年目、3年目、ならスタッドレスタイヤの性能点検をしましょうネ!スタッドレスタイヤは手ごろな価格で販売されていますし、年々アイスバーンや雪道のグリップ力、制動力がUPしています。出始めの頃のスタッドレスタイヤは効きも悪く冷や冷やでしたネ!あの頃は、何故スパイクタイヤを廃止して(規制)スタッドレスタイヤにしたのかと思ったこともありました。

雪道走行

現在のスタッドレスタイヤは、相当に性能UPしています。しかしながらアイスバーンに限っては、いまだにスパイクタイヤには、、、少し劣ると思います。

環境問題もありますので、痛し痒しでしょうか?個人的にはアスファルトを削らないスパイクピンが開発されると嬉しいなと思いますが、難しい?


タイヤフット

タイヤフット

最近では靴も滑らない底が出ていますが、増えてきたのはスパイクピンの靴!私は、どちらの靴も履いていますが、スパイクピンの靴に軍配を上げます。私にとってはスパイクピン最強説なのでしょうか?

スパイクタイヤ履いてはいけないという事ではありません。11月の下旬から3月末まではスタッドレスタイヤOKですが、、、注意点があります、それは、、、OK期間中でもアスファルトが出ていると警察の取締りの対象になります。

走っている最中に履いたり外したり出来ませんネ!そこでスタッドレスタイヤの性能能力を調べることが重要になってきます。加害者にならないよう安全運転とスタッドレスタイヤの性能点検は必ずいたしましょうネ!

スタッドレスタイヤの購入をお考えの方は➡イヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】