ホワイトアウト

私が暮らす札幌でも、昨日、第39回ホワイトイルミネーションも点灯されて、いよいよ本格的な冬の始まりですが、、、11月21日のテレビニュースでは、札幌市内を走るクルマが、スリップをして反対車線にはみ出して、約5メートル下の川に転落をした映像が映し出されていました。

幸い運転していた23歳の女性には、ケガは無かったという事でしたが、この衝撃的な映像は、北海道内だけではなく、全国ネットで放映されていて、冬道の恐ろしさを実感した方も多かったのではないでしょうか?

また、札幌では、冬道事故と同時に、雪道のツルツル路面での自己転倒で、救急搬送された人数が11月22日現在で、65人となっていて、本格的な冬道となる今後はクルマも人もさらに注意が必要になると思います。

ところで、勤労感謝の日となる、今日11月23日と明日11月24日は、全道的に暖かい気温になると予想されていて、まだ、スタッドレスタイヤに交換していない方は、今週末のタイヤ交換がおすすめですと、地元北海道のテレビでは、放送されていました。

スタットレス

私は、きっと多くの方は、すでにスタッドレスタイヤに交換されていると思っていますが、もし、まだ交換していない方は、今すぐにスタッドレスタイヤに交換してくださいネ!!! 「自分は、長年、北海道に住んでいて、ずっと、冬道を運転しているから、夏タイヤでも大丈夫!!」そんな過信は大変危険です(>_<)

スタッドレスタイヤを履いていても、冬道では、ちょっとした瞬間にスリップするのは当たり前なんです。 冬道の対する過信が、自分の命だけではなく、多くの他人を巻き込んだ事故となってしまいます。

その他にも、雪が降らない地域では、ワイパーブレードは、オールシーズン同じで問題はありませんが、降雪地帯では、フロントウィンドウ・リアウィンドウに降った雪を払う、スノーブレードに交換が必要なんです。

ジープ

冬道運転の経験が少ない方は「そんなに違いはないんじゃない?」と、思うかもしれませんが、、、、ノンノンノン! 実際に降雪時に運転をしていると、フロントグラスの暖気で温まった雪が、湿ってフロントグラスに、へばりつくので、スノーブレードで掃わないと、前方が見にくくって、大変危険です。

それと、もう1点気をつけてほしいのが、クルマの屋根に積もった雪をキチンと掃うという事です。 雪が降った翌朝は、フロントグラスの雪だけを掃って、屋根には積もった雪をそのままで走っているクルマを見かけますが、これも大変危険です!!!

走っているうちに雪が融け出して、ザザ~っと、雪崩のように、フロントグラスに落ちてくる事があります。 そうすると一瞬で目の前が見えなくって、大惨事になる危険があります。

寒い中で、クルマの屋根の雪をおろすのは大変かもしれませんが、スノーブラシでシッカリ雪をおろしましょう! 転ばぬ先の杖・・・そう、冬道運転は、すべて、急がば回れですヨ(^_^)v クルマも人も、足回りから全身まで、しっかり冬仕様に変更して楽しいウィンターシーズンをエンジョイしましょう(^_-)-☆


タイヤフット

タイヤフット
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】
タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】